ソリューション

製品情報

沿革

企業情報

小笠原計器製作所

 
1886年
東京市京橋区新富町に小笠原製作所を創業、航空計器や時計の修理を業とする
1893年
気象器械、圧力計、測量器械の製造を開始
1925年
社名を合資会社小笠原計器製作所と変更
1936年
目黒区唐が崎618番地(現在地)に工場移転、軍需工場の指定を受ける
1954年
株式会社小笠原計器製作所に社名変更
 
1966年
厚生省公害課様へ東京、大阪、尼崎向けとし風向風速温度湿度計の気象観測装置を納入、この年より本格的な公害の観測が始まる
1968年
無電源で降雨1mmに対し、100mlごとに分取する、雨水採取器年
R-100型を開発、酸性雨観測の草分けとなる
1969年
風車型アネモシネモ風速計をベースに風車型微風向風速計を開発、テレメーターとのインターフェイスを簡素化した、再期的製品をリリース
1970年
東京都様、神奈川県様へ風向風速温度湿度計の気象盤を納入
1973年
東京都公害研究所様の委託により、酸性雨自動分析装置の開発、納入
1974年
温度温度差計を開発、逆転層の観測に寄与、テレビ塔や原子力発電所に設置される
1988年
2線式風向風速計(モデムベーン)を開発、パソコンを利用した風況観測に寄与
1990年
風向風速計の軽量小型化を行う、WS-B16シリーズ販売開始
1997年
東アジアネットワーク向け酸性雨自動採取器を標準化、国内はもとよりアジア各国へ納入
 
2000年
株式会社日本エレクトリック・インスルメント(NEI)と資本・業務提携する
2002年
YS-300型自動雨水降下じん採取器を開発、環境庁様より国内10ヵ所に納入
NEI代表取締役野澤侑司が(株)小笠原計器製作所の代表取締役社長に就任
2003年
台湾環境省様へ酸性雨自動分析装置を18台納入
2005年
気象庁04型アメダスに温度計・雨量計納入開始
2006年
創立120周年を迎え、本社敷地内に新社屋「NEI・OKグループビル」落成
2007年
中国国家環境保護総局様へ中国全土32ヵ所に雨水採取システムを納入(酸性雨観測目的)
2009年
内閣府へ、中国遺棄化学兵器処理に関する周辺環境観測装置を納入
2010年
大阪府北部農と緑の総合事務所へデジタルMCA無線水位テレメータ7台を納入、NTTドコモへ環境測定用気象観測装置(湿度計1900台、雨量計1500台)納入
2011年
東京スカイツリーに、高度別に風向風速計17台他、温度湿度、感雨、日射等を納入、富士山スバルラインに気象観測装置および、リアルタイム道路情報監視システムを納入
2012年
大阪府環境農林水産部様へPLS圧力式水位計36台を納入、各自治体の放射線モニタリングシステムに気象観測機器を納入
2013年
北陸新幹線の消雪・隔雪基地へ気象観測システムを納入、京都府砂防課様へ情報通信基盤・水位計FOMA通信システム16局を納入
2016年
セントルシア国へ雨量観測装置を納入(ODA事業)
2017年
東ティモール国へ超音波式潮位計を納入(ODA事業)
デジタル方式のPtアスマンを開発し、気象庁へ納入開始
2018年
韓国環境省へ酸性雨自動測定装置3式納入
危機管理型水位計を全国へ納入開始
2019年
(株)日本エレクトリック・インスルメントと(株)小笠原計器製作所が合併してANEOS株式会社となる

1886

1889
大日本帝国憲法発布
1914
第一次世界大戦開戦
1923
関東大震災
1945
太平洋戦争終結
1964
東京オリンピック開催
 

1965

1969
アポロ11号が人類初月面着陸
1989
平成に改元
1991
湾岸戦争勃発
1995
阪神淡路大震災(M7.3)発生
1998
長野オリンピック開催
 
 
 

2000

2001
アメリカ同時多発テロ
2004
新潟県中越地震
2005
愛知万博開催
2007
新潟県中越沖地震
2008
リーマンショック
2011
東日本大震災(M9.0)発生
2012
東京スカイツリー開業
2014
消費税が8%となる
2015
パリ同時多発テロ
2016
北海道新幹線が開業
2019
新元号「令和」を発表
 
 
 
 

日本エレクトリック・インスルメント

 
1965年
東京都目黒区自由が丘に野澤侑司により(株)日本エレクトリック・インスルメントを創業
1966年
我が国で初めてF.R.P材成形の風向風速計を開発、販売
1968年
3次元ベクトルアネモメーターの開発、販売
1974年
横浜市戸塚区平戸に横浜工場竣工、生産開始
1982年
東京都渋谷区円山町に東京営業所開設
1986年
世界初、2線接続式の風向風速計を開発、販売
1987年
船舶用「真」風向風速計を開発、販売
1989年
消防用気象観測装置、自治省消防庁の補助対象認定
防衛省納入開始
1990年
気象庁航空用風観測システム納入開始
1993年
大阪営業所開設
1995年
東京都世田谷区上野毛にNEIビル開設、営業拠点とする
1997年
スイッチング電源メーカー(株)テクノエレクトリックへ資本参加
船舶用ワイパー、旋回窓の販売開始
1998年
タッチパネル式気象用データロガーの開発、販売
1999年
情報誌「Wind Press」を創刊
 
2000年
ISO9001認証取得
(株)小笠原計器製作所と資本業務提携
2002年
代表取締役野澤侑司が(株)小笠原計器製作所の代表取締役に就任(兼任)
2005年
ISO14001認証取得
気象庁アメダス向け風向風速計納入開始
2006年
東京都目黒区中央町にNEI・OKビル竣工、営業本部、技術本部を開設
2007年
台湾新幹線開業に向け風向風速計、雨量計、水位計を納入
2009年
目黒事業所に大型風洞試験設備を設置
2013年
世界初、自己発電による無線式風速計を開発、販売
2016年
気象庁へ航空気象観測システム(AIMOS)納入開始
2017年
気象庁へ可搬型津波観測計を納入
2018年
東京都目黒区中央町にANEOS本社ビル竣工
フィリピン・新ボホール空港に航空気象観測システムを納入
2019年
(株)日本エレクトリック・インスルメントと(株)小笠原計器製作所が合併してANEOS株式会社となる
 
 
Copyright © ANEOS Corporation All Rights Reserved.