ソリューション

製品情報

日射・日照

製品情報

回転式日照計発信器 N-093

日照計としては世界でも類を見ない高性能品です。 焦電型センサを使用し、その出力を時間についての微係数として取り出すことにより、散乱光の影響を受けないで直達日射量のみを忠実に測定します。

日照計としては世界でも類を見ない高性能品です。 焦電型センサを使用し、その出力を時間についての微係数として取り出すことにより、散乱光の影響を受けないで直達日射量のみを忠実に測定します。


●気象庁アメダスで使われている日照計と同じ方式です。
●日照しきい値:直達日射強度 120W/㎡ 【測定原理】 主軸に取り付けられた反射鏡が主軸にそって一定速度で回転し、一回転する間に鏡が一瞬太陽光を捉えると、光センサは直達光の強弱に応じたパルス上の信号を出します。このパルスの高さがしきい値よりも高いパルスの数を計測することで、正確な日照時間が測定できます。

太陽電池式日照計発信器 N-84S

ガラス筒内に取り付けた太陽電池素子(シリコンフォトダイオード)により、直達光と散乱光を感知し、日照を検知します。

ガラス筒内に取り付けた太陽電池素子(シリコンフォトダイオード)により、直達光と散乱光を感知し、日照を検知します。


●ガラスドーム内には防湿不活性ガスが封入されており、くもらず、耐候性に優れています。
●電源不要
●気象庁委託検定対象機種

バイメタル式日照発信器 N-84

バイメタルを使用した日照発信器です。ガラス筒内に白と 黒に塗ったバイメタル片に接点をつけ取り付けてあります。 日照により白と黒のバイメタル片のたわみ量が異なるため、 接点がメークし日照を感知します。

バイメタルを使用した日照発信器です。ガラス筒内に白と 黒に塗ったバイメタル片に接点をつけ取り付けてあります。 日照により白と黒のバイメタル片のたわみ量が異なるため、 接点がメークし日照を感知します。

【仕様】
●検出方式:バイメタル式
●日照しきい値:120W/㎡
●外形寸法:φ150×L350mm
●質量:約3kg

直達日射計 MS-56

直達日射計とは太陽の光球を中心に含む、決められた方向に垂直な面の日射強度を測定するための日射計です。

直達日射計とは太陽の光球を中心に含む、決められた方向に垂直な面の日射強度を測定するための日射計です。


●受光部に新開発の超高速サーモパイルを使用し、温接点と冷接点の温度差より直達日射を検出する方式。
●透過波長範囲の広い石英窓と低消費電力型(12V 0.5W)結露防止用薄膜ヒーターにより、常に安定した高精度直達日射測定を実現します。
●受感部を囲む入射筒はWMO(世界気象機関)の勧告に準拠し、これを太陽追尾装置に搭載し、常に太陽に正対させます。
●太陽追尾装置は、晴天時にはサンセンサー追尾に、曇天時には機械追尾モードに自動的に切り替わります。
●軽量かつコンパクトなボディデザインは周囲の温度変化に対しても安定した性能を発揮するとともに、GPS搭載の太陽追尾装置STR-21G/22Gに搭載することで、より使いやすく、より高精度な直達日射測定を可能にします。

精密全天日射計 MS-60c

天空から入射する全天日射量を測定するもので、ISO9060の全天日射計の規格においてClass Bに分類される優れた全天日射計です。 アルマイト処理した堅牢な軽量アルミボディに二重ガラスドームを備えた製品となています。

天空から入射する全天日射量を測定するもので、ISO9060の全天日射計の規格においてClass Bに分類される優れた全天日射計です。 アルマイト処理した堅牢な軽量アルミボディに二重ガラスドームを備えた製品となています。


●ISO9060 Class B 規格
●軽量なアルミ製のボディー
●ヒータ付きベンチレーションファンの装備が可能(オプション)
●気象庁の検定が取得できます 【仕様】
●波長範囲:285~3000nm
●応答時間:<18秒
●長期安定性:<1.5%/年
●非直線性:±1%
●温度特性:<3%(-10~40℃)
●傾斜角特性:±1%
●感度定数:約7μV/W・㎡
●最大日射強度:2000W/㎡
●保護等級:IP67
●使用温度範囲:-40~80℃
●外形寸法:約φ96×H100mm
●質量:約0.4kg

全天日射計 MS-40c

天空から入射する全天日射量を測定するもので、ISO9060の全天日射計の規格においてClass Cに分類される全天日射計です。 アルマイト処理した堅牢な軽量アルミボディにガラスドームを備えた製品となています。

天空から入射する全天日射量を測定するもので、ISO9060の全天日射計の規格においてClass Cに分類される全天日射計です。 アルマイト処理した堅牢な軽量アルミボディにガラスドームを備えた製品となています。


●ISO9060 Class C 規格
●軽量なアルミ製のボディー
●ヒータ付きベンチレーションファンの装備が可能(オプション)
●気象庁の検定が取得できます 【仕様】
●波長範囲:285~3000nm
●応答時間:<18秒
●長期安定性:<1.5%/年
●非直線性:±1.5%
●温度特性:<3%(△T50)
●傾斜角特性:±1%
●感度定数:約7μV/W・㎡
●最大日射強度:2000W/㎡
●保護等級:IP67
●使用温度範囲:-40~80℃
●外形寸法:約φ96×H93.5mm
●質量:約0.37kg

日射発信器(防霜ファン付) CMP-3F

本器は全天日照量を測定するセンサです。太陽からの直達光及び天空からの散乱により地表に入射する太陽エネルギーをとらえ日射量(W/㎡)に比例した電圧を出力します。

本器は全天日照量を測定するセンサです。太陽からの直達光及び天空からの散乱により地表に入射する太陽エネルギーをとらえ日射量(W/㎡)に比例した電圧を出力します。


●受感部に黒色塗料が施されたサーモパイル(熱電堆)を 使用しているため、シリコンフォトダイオードを用いた日射計と比べ、測定波長範囲が広く高精度、高感度です。
●受感部は分光透過性に優れたガラスドームが被せられ内部を気密に保つとともに、受感面の熱対流や風雨などから保護しています。
●本体への太陽光を遮断するカバーを取り付けることにより、本体の温度上昇を減少させ、温度特性による精度の低下を防いでいます。
●通風ファンが取り付けられ、ガラスドームの結露や着霜を防いでいます。
●通風ファンの無いタイプ(CMP-03E)も用意しています。
●気象庁の検定取得ができます。

放射収支計発信器 MF-11

地表面に入射する放射の主なものは日射と水蒸気や炭酸ガス、さらに雲から放出される赤外線です。これらの成分の収支量を測定する放射収支計です。 ポリエチレンドームにより保護した銅ーコンスタンタンの熱電堆を上下に配した感部となっています。

地表面に入射する放射の主なものは日射と水蒸気や炭酸ガス、さらに雲から放出される赤外線です。これらの成分の収支量を測定する放射収支計です。 ポリエチレンドームにより保護した銅ーコンスタンタンの熱電堆を上下に配した感部となっています。


●ポリエチレンドームの外表面には送風器により一定速度の空気を流し、内部には除湿された空気を送り、結露を防止します
●日射(短波放射)と赤外放射(長波放射)を含めた放射収支量を測定します
●ポリエチレンドームへの着雪や霜予防のための強力ブロアを付けることができます(オプション)
●大気安定度や地表からの蒸発散量、地中ながれる熱量などの測定に威力を発揮します
●日本気象協会の成績書を付けることができます

Copyright © ANEOS Corporation All Rights Reserved.